> IR・投資家情報 > 市場環境

市場環境

スマートフォンゲーム市場は、高機能なスマートフォンの普及により、オンラインゲームに関心の薄かった一般ユーザーまでもが日常生活の中でゲームを楽しむという社会現象を巻き起こし、急速に成長してきました。
一方、昨今の傾向として市場が成長・成熟するに従って競争は激しくなり、大手ゲーム事業者は益々強くなり、その他の競合との優勝劣敗、市場の寡占化が進行してきています。
2015年には、トップ10ゲームだけで日本のスマートフォンゲーム市場の収益全体のほぼ50%を占める結果となりました。

ゲームアプリの収益シェア
iOS App StoreとGoogle Playの合計(2015年)

こういった環境下において、大手ゲーム事業者による新規タイトル開発強化に伴う人員再配置のニーズやその他のゲーム事業者によるゲーム事業からの撤退に伴うゲームタイトルの売却ニーズが顕在化してきています。 このようなニーズを背景に、これまでの新規タイトル開発中心のスマートフォンゲーム市場において、新たな市場構造変化としてセカンダリ市場が形成され、その急拡大が見込まれております。

スマートフォンゲーム
セカンダリ市場規模の推計・予測

このページのTOPへ