プレスリリース

2018.01.19

海洋冒険バトル「戦の海賊」最後の英雄海賊「E・デイビス」が登場!

マイネットグループの株式会社マイネットゲームス(東京都港区、代表取締役社長:田中 亘)が好評配信中のiOS/Android向け海洋冒険バトル「戦の海賊(センノカイゾク)」では、1月19日(金)より、「凶鳥の七大海賊」第7弾として新たな英雄海賊「エドワード・デイビス(以下、E・デイビス)」が登場します。
また、英雄海賊の登場を記念した豪華なカムバックログインボーナスも実施いたします。

七人目の英雄海賊「E・デイビス」が登場!

凶鳥の七大海賊の1人「黒鷲の先導者 エドワード・デイビス」は赤属性の海賊1人につき味方砲兵と味方船のHP、防御力を強化する特技を持ちます。さらに、超覚醒特技で敵海賊の移動速度を下げる効果をスキルに追加します。このスキルを使用すると敵海賊を後方へ吹き飛ばし、砲兵を最大限活かす状況を作り出すことができます。
また、英雄海賊「E・デイビス」 は、“襲撃クエスト”クリアで獲得できる「石版」を集めることで仲間にできます。

【英雄海賊】
黒鷲の先導者 E・デイビス

「俺を誰だと思っている・・・」

彼の時代、その名を知らない海賊は誰一人としていなかった。
皆その生き様に憧れ、海を目指し、その力に畏怖して、海の覇者として伝えられた。
各地で手に入れた戦利品を装飾品としてあしらっている。
欲しい物はどんな手を使ってでも手に入れる。

◆“襲撃クエスト”をクリアすると“グランドアルタイル号”が入手可能

[開催期間]

2018年1月19日(金)12:00 ~

“襲撃クエスト”は、期間内に特定の海域のクエストをクリアすると発生します。“襲撃クエスト”をクリアすることで、英雄海賊を仲間にできるアイテム「石版」や、「子分」を獲得することができます。さらに“襲撃クエストLV8”をクリアすると新たな母船“グランドアルタイル号“が入手可能となります。
また、今回の襲撃クエストは過去6人の英雄海賊を所持しているか等の出撃条件が設定されている高難易度のクエストとなっています。難易度のクエストをクリアし“グランドアルタイル号“をゲットしましょう!

▼グランドアルタイル号

※画像は開発中のものとなります

◆カムバックログインボーナスを実施!

最後の英雄海賊登場に合わせ、豪華なカムバックログインボーナスを実施!!

しばらくゲームにログインしていないお客様が期間中にゲームにログインすると人気★5海賊確定の「ガチャチケット」や「ジェム×5000個」など、さまざまな豪華報酬をプレゼント!カムバックログインボーナスでイベントやキャンペーンを遊びつくそう!

[開催期間]

2018年1月19日(金)12:00 ~ 1月26日(金)14:00

合計ログイン日数
プレゼント
1日目
2000ジェム
2日目
★5確定ガチャチケット
3日目
500ジェム
4日目
【神級強化猿】ウッキー × 5
5日目
500ジェム
6日目
【極級昇格鳥】フリント × 1
7日目
2000ジェム

<戦の海賊(センノカイゾク)とは>

「戦の海賊(センノカイゾク)」は、海賊船団を率いて、伝説の秘宝をめぐる大航海へと繰り出す海洋冒険バトルです。プレイヤーは、様々な船や仲間の海賊を組み合わせて、自分だけの海賊船団を作り、迫力のリアルタイム海戦に挑みます。船の増築や、海賊たちの育成は思いのまま!やり込み要素も満載で、“俺の”海賊船団作りや、大海原での冒険がとことん楽しめます。

<戦の海賊(センノカイゾク)概要>

名称      :戦の海賊
ジャンル    :海洋冒険バトル
URL      :
 ・App Store
  https://itunes.apple.com/jp/app/id1017595312
 ・Google Play
  https://play.google.com/store/apps/details?id=com.sega.sennokaizoku
価格      :基本無料(アイテム課金あり)
配信会社    :株式会社マイネットゲームス
著作権表記   :©SEGA/published by PARADE Inc.
■公式サイト  :https://www.sen-no-kaizoku.jp/
■公式Twitter :@PRsennokaizoku

【マイネットグループ】http://mynet.co.jp/

人と人とを結びつける「オンラインサービスの100年企業」 持株会社のマイネット、ゲームサービス事業を営む事業会社のマイネットエンターテイメント、マイネットゲームス、マイティゲームス、S&Mゲームス、ネクストマーケティング(マーケティング事業)、マイネット・ストラテジックパートナーズ(M&Aコンサルティング事業)の主要7社。
当社グループは、ソフトウェア産業からサービス産業へと構造変化したゲーム産業の中で、ゲームサービス業という新たな業態を確立していくことを目指しており、ゲームメーカーが制作したスマートフォンゲームを買取や協業により仕入れ、独自のノウハウでバリューアップした後に長期サービス運営を行うゲームサービス事業を主に営んでおります。
ゲームタイトル数36タイトル(2018年1月現在)

本件に関する問い合わせ先

株式会社マイネット

担当:釜(カマ) E-mail:pr@mynet.co.jp