プレスリリース

2018.10.18

海洋冒険バトル「戦の海賊」メインストーリー第3章2節 新海域「竜深海」を公開!

マイネットグループの株式会社マイネットゲームス(東京都港区、代表取締役社長:仲川 航一)が好評配信中のiOS/Android向け海洋冒険バトル「戦の海賊(センノカイゾク)」は10月18日(木)より、メインストーリー第3章2節 新海域「竜深海」を公開いたします!
メインストーリー追加を記念して、毎日ジェムがもらえるログインボーナスも合わせて開催いたします!

◆メインストーリー第3章2節  新海域「竜深海」公開!
配信日程:10月18日(木) 15:00~

メインストーリー第3章2節と、ストーリーの舞台となる新海域「竜深海」が登場します。
新たな海域での冒険を、ぜひお楽しみください。

・竜深海とは
試練の渦の中にある異海。《気》と呼ばれる特別な自然エネルギーに満ちている。
その影響を受け、人に化けるなどの超能力を得た竜《神竜族》や体の部位を竜に変化させた人間《竜人族》などの変異した外来種のみが生息する。

かつて《気》の枯渇により破滅の危機にあったが、《神竜族》がその身を捧げたことにより、《気》を回復した暗い過去がある。

・新たに登場するキャラクター

ロスローザ
かつて竜深海を治めていた神竜族の女王。優しく面倒見がいい、頼りになる性格をしている。
竜深海を救うため、他の神竜族と共に生贄となるほどの自己犠牲者だったが、ある事件を境に豹変してしまう。

ノグ・アルド
人の形をした竜のような男海賊。その容姿から《海賊ドラゴン》と呼ばれていた。
性格は皮肉屋でだらしがない。手より口を動かすタイプで、よく回る舌で相手を煙に巻き、意表をつく卑怯者。
それを活かし、人を騙しては、動かし、己の思惑に嵌めていく。

リシャ
記憶喪失の《竜人族》の少女。明るく前向きで、自然と人に好かれる人物。竜深海の地理と歴史に詳しく、その知識の深さは、物知りな老人のそれを遥かに超越している。

ソティス
竜深海に迷い込んだ女海賊。不適な笑みを常に浮かべ、余裕ある態度を崩さない、掴みどころがない女性。その笑みの底に、一体なにが潜んでいるのか――。

◆メインストーリー第3章2節に登場するキャラクターが登場する「ストーリーガチャ」開催!

開催期間:10月18日(木)15:00~ 10月25日(木) 15:00

「ストーリーガチャ」では、第3章2節で登場するキャラクターが登場します。
本ガチャのオマケでついてくるストーリー追加記念メダルは、集めると豪華報酬と交換することができます!

◆「ストーリー公開記念 ログインボーナス」開催!

開催期間:10月18日(木)15:00~ 10月25日(木) 15:00

期間中、毎日ジェムがもらえる特別なログインボーナスを実施します。合計で3000ジェムが獲得できます!

■戦の海賊

   
正式タイトル

戦の海賊

ジャンル

海洋冒険バトル

概要

「戦の海賊(センノカイゾク)」は、海賊船団を率いて、伝説の秘宝をめぐる大航海へと繰り出す海洋冒険バトルです。プレイヤーは、様々な船や仲間の海賊を組み合わせて、自分だけの海賊船団を作り、迫力のリアルタイム海戦に挑みます。船の増築や、海賊たちの育成は思いのまま!やり込み要素も満載で、“俺の”海賊船団作りや、大海原での冒険がとことん楽しめます。

価格

基本プレイ無料(アイテム課金制)

ダウンロード・利用方法

・iOS版(App Store)
https://itunes.apple.com/jp/app/id1017595312
・Android版(GooglePlay)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.sega.sennokaizoku

公式サイト

https://www.sen-no-kaizoku.jp/

公式Twitter

https://twitter.com/PRsennokaizoku

運営会社

株式会社マイネットゲームス

配信会社

株式会社マイネットゲームス

権利表記

©SEGA/published by PARADE Inc.

【マイネットグループ】 http://mynet.co.jp/
人と人とを結びつける「オンラインサービスの100年企業」
持株会社のマイネット、ゲームサービス事業を営む事業会社のマイネットゲームス、GMG、マイネットブルーゲームス、mynet.ai(データ分析・AI活用サービス事業)、マイネット・ストラテジックパートナーズ(M&Aコンサルティング事業)、ネクストマーケティング(マーケティング事業)の主要7社。
当社グループは、ソフトウェア産業からサービス産業へと構造変化したゲーム産業の中で、ゲームサービス業という新たな業態を確立していくことを目指しており、ゲームメーカーが制作したスマートフォンゲームを買取や協業により仕入れ、独自のノウハウでバリューアップした後に長期サービス運営を行うゲームサービス事業を主に営んでおります。
ゲームタイトル数38タイトル(2018年8月現在)

本件に関する問い合わせ先

株式会社マイネット

広報担当 E-mail:pr@mynet.co.jp