MEMBER'S VOICE

チームをまとめ、高いパフォーマンスを引き出す

前田 高宏Takahiro Maeda

チーフエンジニア/ 2013年 新卒入社

PROFILE

東京都市大学知識工学部卒業。サーバーサイドエンジニアとして入社1年目からリーダーを担当し、運用の効率化やゲーム内イベントなどの新規開発を中心に手掛ける。チームメンバーが効率よく作業できる環境づくりに尽力している。

エンジニアの醍醐味は、自分の作業が確実に人の役に立つこと。

就職活動中、自分のやりたいことと真剣に向き合って行き着いた結論が、モノづくりを仕事にすること。理系だったこともあり、一生続けていくならとエンジニアを志望しました。マイネットに入社を決めたのは、出会った企業の中でメンバーの雰囲気が一番よかったからです。「何をやるかより誰とやるか」が、当時の僕にとっては大切でした。入社してからもその時に受けた印象は変わっていません。会社が急成長しているので、入社当時より約6倍も人が増えていますが、上司と部下の関係はフラットですし、社内も和気あいあいとしていて働きやすいです。

現在、私はサーバーサイドエンジニアとして、ゲーム内のキャンペーンやイベント用のシステムの新規開発、業務フローの効率化をメインに行っています。仕事で難しい点は、ユーザーさんの使い勝手を変えずに、システムをどうアップデートしていくかというところ。買取時点のゲームには、たった1回のキャンペーンのためにつくられた機能など、数多く追加されており、構造が複雑になっています。それを一つひとつ改善するのは根気のいる作業ですが、ユーザーさんから「使いやすくなった」などとフィードバックがあると、誰かの役に立てているのだなと嬉しく感じます。

リーダーとして意識しているのは、「雰囲気づくり」と「時間管理」。

自分の成長を実感できたのは、入社してすぐにアサインされたプロジェクトです。まだ開発中のタイトル案件で、企画のフェーズから要件定義、仕様決定やサーバーを選択するインフラ構築まで、一通りの工程を経験でき大きな財産になりました。
また、1年目からチームリーダーを任されていたことも自分にとってプラスの経験になっています。もちろん、エンジニアの中には自分より技術や経験が豊富なメンバーもいます。そこで私は、チームをまとめるために2つのことを実践しています。まず1つ目が「雰囲気づくり」。チームの雰囲気が停滞していると感じた時には、適度に雑談タイムを設けるなど、モチベーションを保つ工夫をしています。2つ目は「時間は有限である」ということを意識すること。タスクによって得られる利益とリソースを割くことによるコスト、どちらがトータルで有益かを判断して仕事を割り当てています。

今後は、さらにチームメンバーの数が増えていくことを見据え、チーム開発手法などを積極的に学び、さらに効率的なチーム運営を心掛けたいです。また、この先もずっとエンジニアであり続けたいと考えているため、技術は絶えず磨いていきたいですね。

9:45

出社、メール・チャットワークチェック

メールやチャットワークをチェックした後、
スケジュールを組み立てます。

10:00

チームミーティング

プロジェクトチームのメンバーと、
その日のタスクや案件を確認し合います。

10:30

エンジニア同士でタスクの確認

デスクで再度、チーム内のエンジニアにタスクを声掛けし、作業に取り掛かります。

11:00

実装

効率化やイベントのために機能を追加する作業を行います。

13:00

ランチ

外食が多いです。チームのメンバーや同年代のエンジニアたちと、ごはんを食べながら新技術などの情報を収集します。

14:00

実装・お問い合わせ調査

ユーザーさんからのお問い合わせチェック。
不具合の可能性があればすぐに調査し改善作業を行います。

17:00

ミーティング

リリース前の画面をプロジェクターに映してみんなで確認。
クオリティアップのための大切な時間です。

18:00

実装

ミーティングで上がった改善ポイントを一つひとつ修正し、
精度を高めます。

21:00

退社

定時であがったときには、同年代のメンバーとお酒を飲みにいくことが多いです。
自宅で料理をしながらお酒を飲むのもマイブームです。

MESSAGE

まずは気軽にお話しませんか?

会社や働いている人たちの雰囲気は、実際に話さないと分からないはず。マイネットにはメンバーとランチができる「ランチごち」という制度があるので、まずはごはんを食べながら気軽にお話しましょう。何でも正直に答えます!