MEMBER'S VOICE

「マーケティング」の課題に挑み、成長し続ける

竹 内 優Yu Takeuchi

マーケティング/ 2014年 新卒入社

PROFILE

成城大学文芸学部卒業。社内外のネットワークを広く持ち、スマートフォンゲーム市場のトレンドやプロモーションなど業界の動向に精通している。その生きた情報とロジカルシンキングを武器に、ゲーム間コラボを主力ソリューションへ育て上げた、集客のエキスパート。

ユーザーさんとタイトルの仲介役。 数字として目に見える成果が原動力に。

大学在学中は、アルバイト先の塾の運営や映画部の部活動に夢中でした。高校時代に専攻していたCG技術を活かし、塾の生徒募集チラシや映画祭のポスターの制作を通して「人を集めること」の難しさと面白さを経験したことが、マーケティングの仕事を志望したきっかけです。IT業界の集客業務や営業職を中心に就職活動をしていましたが、最終的にマイネットへ入社を決めたのは、「オンラインサービスの100年企業を目指す」というビジョンとメンバーの親身な人柄に惹かれたからです。

現在、ゲーム間コラボの業務運営を担う送集客室に所属しています。コラボ契約を結んだ他社タイトルにマッチングするタイトルを、マイネットの運営タイトルから選び出すことが私のミッション。タイトル同士の親和性が重要なため、自分でも実際にプレイしたり、他社の施策を調べたりと、常にニーズを把握するよう心掛けています。また、マッチング後、コラボの実装を運営チームに依頼し、キャンペーン仕様のデザインやシステム開発など制作フェーズへつなぐことも私の仕事です。自分の手掛けたコラボによって、タイトル収益やユーザー数が上がるなど、成功が数字として目に見えるところにやりがいを感じています。

集客事業が主力ソリューションへと発展。一から育てる過程で自分自身も大きく成長。

入社以来ずっとマイネットの集客業務を担当していますが、1年目での経験が今の自分の土台となっています。当時はマイネットがゲームサービス事業を立ち上げたばかりでした。私は副社長の嶺井と先輩との3名でコラボの参画企業獲得に奮闘していましたが、突然その先輩が退職し、集客実務を私が一任することになりました。まだマーケティングの知識も乏しく、一人で営業をした経験も多くない状態でしたが、取引先の広告代理店の方に用語を教えてもらい、当時上司であった副社長の嶺井に営業のロールプレイングをしてもらい、一つひとつ課題を乗り越え、ゲーム間コラボをマイネットの主力ソリューションの一つとして育てていきました。

現在、入社3年目。部署のメンバーも増え、教わるよりも教える場面が増えました。「集客の相談は竹内に」と社内で頼りにされることも多くなり、自分の成長を実感しています。会社の成長が早いので仕事内容もどんどん変わりますが、その分任される業務の領域も権限も大きくなっていくことが、マイネットで働く醍醐味ですね。今後の目標は、新しい集客方法を発明すること。常に活気あるゲームサービスの提供に貢献したいと思っています。

10:00

出社、ミーティング・チャットワークチェック

社内のやりとりには、基本チャットを使っています。
チェックしながら、今日のタスクやスケジュールを整理します。

11:00

取り組み状況確認

今進めているコラボ進捗や送集客数や状況などをデータで確認します。
数値から成果を読み取り、次の一手を考えます。

12:00

資料作成

獲得チームと呼ばれる営業部隊からの依頼に合わせて、
コラボ参画企業向けの営業用資料をまとめます。

13:00

ランチ

チームメンバーと一緒にデスクで食べます。
メンバーは全員20代。いつも一緒で仲がいいです。

14:00

ミーティング

担当しているコラボチームの定期ミーティング。
メンバー全員で課題を共有し、話し合います。

15:00

情報収集、施策検討

他社のキャンペーンやイベントなどを調べて、
新たな集客開発に活かします。

17:00

資料作成

新施策の提案に向けて企画書をまとめます。
今、新たな勉強会を主催しようと計画中です。

19:00

退社

月に1度はボルダリング部の部活動へ参加。
定期的にみんなで体を動かしながらリフレッシュしています。

MESSAGE

マイネットは、やりたいことを実現できる会社。

メンバーと上層部の関わりが深く、自分の想いをカタチにしやすいところがマイネットの魅力です。チャンスの数もチャレンジの場も多いので、変化を恐れず、自分の成長を楽しめる人が活躍できると思います。