INTERVIEW

AI Engineer

AIの最先端で挑戦し続ける 技術をユーザーへの価値に変え、市場に革新を起こす

2015年新卒入社野濵 哲也

未開の領域を切り開き オンラインコミュニティで価値を高める

AIエンジニアになったきっかけを教えてください

実は私はAIエンジニアとしてではなく、オンラインコミュニティサービスの1つであるゲームサービス業に関わるエンジニアとしてマイネットグループに入社しました。サービス開発をしつつ、システム構築による問題解決能力という自分のバックグラウンドを生かして、データ分析室の立ち上げをサポートしました。ゲームサービスにAI技術を導入するタイミングで、正式にデータ分析室への異動の話をもらいました。大きな変化でしたが、AIによるユーザー価値最大化という、未知の領域へ挑戦できる点に魅力を感じ、異動を快諾しました。

AIエンジニアとして、普段どんなお仕事をされていますか?

現在は、一部のプロジェクトと協力体制を構築し、様々な施策を試験的に実施しながら運用しています。プロジェクトが日々行うルーティーンの中で、AIに任せた方が効率がよくなる、またユーザー体験がよくなる可能性があるものを選定し、実際にAIに任せるとどうなるかなどを検証しています。スマートフォンゲームサービスに携わっていた経験を活かし、プロジェクトとAIをつなぐ架け橋の様な役割を担っています。

AIの力でよりワクワクするサービスを、ユーザーさんに届ける

AIエンジニアのやりがいはなんですか?

まだ誰もやったことが無い、未知の領域を切り拓いていくパイオニアとしての面白さがあります。AIとゲームサービスを結びつけるというプロジェクトは、マイネットグループの未来を切り拓くため、そしてユーザーさんに高い価値を届けるための重大なミッションです。また、会社も非常に力を注いでいるポイントでもあります。そしてこの試みは、世界でもあまり類を見ない試みだと思います。失敗も多くありますが、失敗を一つの学びとしながら、試行錯誤を繰り返す毎日で、ここに挑戦できることはやりがいを感じます。

今後の目標を教えてください

ゲームサービスのAI化を、更に高いレベルに成長させていくことです。ディープラーニングなどのAI領域を学んだ、専門性の高いメンバーもおり、学ぶことの多い毎日です。その仲間たちと一緒に、AIの力でユーザーエクスペリエンスを最大化していくという高い価値を市場とユーザーさんに届けていきたいと思っています。また、マイネットグループのキャリアとしても、新卒AIエンジニアは新しいポジションなので、後に続く後輩たちに、道を示していけるような存在になれたらと考えています。

1日のスケジュール(2年目当時)

9:45

出社

10:00

朝MTG

10:10

メールの確認、技術情報ニュースのチェック

10:30

リリース済みAIプロジェクト第一弾の 効果検証・結果のまとめ作成。

AIリリース前後のデータを分析し、一定の効果が出ていることを確認。

12:30

AI導入対象のゲームタイトル担当者とMTG

第一弾の効果検証について共有。 モデル改善についてディスカッション。

13:00

ランチ

14:00

開発中AIプロジェクト第二弾のモデル設計・実装。

18:00

コードレビュー

チームメンバーでコードについてディスカッション

18:30

チームMTG

開発中AIの予測モデル精度の共有や精度改善のためのディスカッション。

19:15

退社