INTERVIEW

Data Scientist

業界トップクラスのオンラインコミュニティデータを保有 求めるのはただの分析や解析ではなく、データに基づく意思決定

2017年新卒入社近江 信次

膨大なデータの中からユーザー価値に繋がる情報を見つけ出す

マイネットグループに入社を決めた理由を教えてください

良い環境に身をおくことは、自身の成長サイクルを早めると考えています。就職活動当初から会社の雰囲気や、どんな人と一緒に仕事が出来るかを重視していました。マイネットグループは社内の雰囲気が非常に明るく、メンバー全員がのびのびと仕事をしている印象をうけ、興味を持ちました。選考を進める中で多くのメンバーと話すことができ、成長意欲の高さやデータサイエンスへの熱い想いを感じ「この人たちと一緒に働きたい」と思うようになりました。早くから仕事を任され、成長できるという点はもちろんですが、最終的に入社を決めたのは、メンバーの人柄でしたね。

データサイエンティストとして、普段どんなお仕事をされていますか?

日々蓄積されるデータを活用し、より良いサービス提供につなげることが、私の仕事です。登録データ、アクションデータ、ランキングデータなど、スマートフォンゲームサービスを運営していく中で収得されるさまざまなデータを、多角的に分析・検証します。そこから情報の相関性を見つけ出し、ユーザーメリットに結びつける方法を考え、プロジェクトに提案を行います。場合によっては数理統計による予測モデルを立て、ユーザー動向を予測することもあります。最近では、アイテム消費分析に関わる新たなプロジェクトをリーダーとして推進することになり、責任と共に充実も感じています。

レポートで終わらない その先を見据えるのがデータサイエンティスト

マイネットグループのデータサイエンティストとは?

分析結果のレポートだけで終わるのは、データサイエンティストではないと上司からよく言われます。それはただのレポーターであると。そこでまずは、プロジェクトから依頼された分析の意味を自ら考えて理解することから始めるようにしています。そして、分析結果をプロジェクトに報告するだけでなく、どうしたらユーザーさんに価値を提供できるかを考え、アウトプットを作り上げるよう意識しています。データ分析の先にいるユーザーさんをしっかり見据える。それがマイネットグループのデータサイエンティストです。

今後の目標を教えてください

データサイエンティストには様々な能力が求められますが、”エンジニア力””サイエンス力””ビジネス力”の3つは不可欠な要素だと言われています。学生時代は医学部で、研究の際に統計データを取り扱うことも多かったおかげで、サイエンス力の素養はあると思っています。まずはそれを自身の強みとしながら、様々なミッションに挑戦し経験を積む事で、エンジニア力とビジネス力も伸ばしていきたいですね。将来は、大きなプロジェクトのリーダーとして、メンバーを率いてチャレンジできるような存在になりたいと思っています。

1日のスケジュール(1年目当時)

9:45

出社

今日のタスクを確認し、業務の準備。

10:00

朝MTG

1日のタスクの確認等をメンバーで共有します。

10:15

メンバーと分析についてのディスカッション

分析の方向性に関する細部の認識合わせや、仮説検証の結果の解釈について相談をします。

11:00

12時からの打ち合わせの事前準備

分析室内での認識合わせやMTGで、PJと相談 したいことなどの最終確認をします。

12:00

PJと新しく取り組むアイテム購買分析に関する打ち合わせ

お互いの求めるゴールのすり合わせとネクストアクションについて議論します。

12:30

週に1度の全体昼礼

グループ代表や事業責任者から全体に向けて共有事項があるので、会社の動きが掴めます。

13:00

同期とランチ

14:00

午前の打ち合わせの内容を整理して分析

打ち合わせやMTGでの決定事項は記録として残し、チームで共有します。

16:00

過去データを参照した売上の予測モデルの作成業務

モデル構築の理論の合理性について議論しながら作業や精度の検証を進めます。

17:00

チームMTG

データの蓄積システムに関する改善に関して分析室で利活用しているシステムに関して、改善点や問題点を洗い出してその共有と解決策について議論します。

17:45

引き続き予測モデルの作成作業

19:10

デスクを片付けて退社。